糖尿病を持っている人。

糖尿病を持っている人。

歯周病の原因として糖尿病などがあげられます。もし、この状態でインプラント
するとなれば、二つほど注意しなければならないことがあります。

 

 

 

それは、糖尿病の人は細菌の侵入に対して抵抗力が弱いので、傷が感染しやすい
しまた治りにくいという点があります。手術を行なった時、その部位が感染
しやすかったり、傷の治りが遅い場合があります。

 

 

 

では、糖尿病のかたはインプラント治療ができないのか?と言いますと、
そうではなく、しっかりと感染に対する対策などをしっかりとしておけば大丈夫です。

 

 

 

また、糖尿病を持っている人は、それをしっかりと医師に伝えて、このような
感染対策をしています。インスリンの自己注射を行なっていることをしっかりと
使いましょう。

 

にいむら歯科医院

 

インプラント手術だから、これらは関係ない。と思わないで
もし、ちょっとした持病などを持っている場合でもしっかりと話をしないと
後々とんでもない事故になったりしますので、そこはしっかりと話すべきでしょう。