インプラント治療の前に歯周病治療をしよう

インプラント治療の前に歯周病治療をしよう

インプラント治療をする前に、まずは歯周病の治療からはじめましょう。
歯周病とよく言いますが、歯周病とは何でしょうか?歯周病とは、歯周組織が細菌に感染して炎症を起こし、出血を引き起こして悪化すると歯が抜け落ちてしまうという、とても恐ろしい病気のことです。

 

 

 

意外に歯周病にかかっている人は多く、日本人の80%はかかっているといわれているほどです。初期の段階ではまったく自覚症状が感じられないので、ささいなことにもよく気をつけながら観察して、早期発見に努めましょう。

 

板橋区役所前ゆい矯正歯科 http://yui-oc.com/

 

では、歯周病の治療にはどんな方法があるのかみてみることにしましょう。まず一つ目には、「ブラークコントロール」ですが、歯周病の原因である「ブラーク(歯垢)」の量を減らすための方法のことをいいます。最も簡単に、手軽にできてかつ重要なのが歯磨きです。歯磨きといっても、正しい歯磨きの方法できちんと磨けている人は少ないようです。

 

歯科医院で、一度、正しい歯磨きのやり方を、教えてもらったらいいでしょう。歯間ブラシ、デンタフロスなどの歯周病効果のある歯磨き粉を使うのも、おすすめです。それに、規則正しい食事法も大切です。間食を減らしたり、
甘いものを控えたりするのがよいでしょう。

 

 

 

そして2つ目には、スケーリングとルートプレーニングという方法があり、初期の歯周病の治療として一般的な方法です。「スケーリング」は、「スケーラー」という器具を使って、歯垢や歯石を取り除く方法です。そして、このスケーリングをした後に、行うのが、「ルートプレーニング」で、スケーリング後の、歯の表面を滑らかにすることです。ルートプレーニングを行わないと、歯の表面がでこぼこしたままで、そこに細菌が入り、虫歯になりやすくなって
しまいます。

 

 

 

そして3つ目には「PMTC」というのがあるのですが、これは何のことかといいますと、プロフェッショナル、メカニカル、トウース、クリーニングのことなのですが、歯周病や虫歯の予防として使われています。

 

そして4つ目には、「フラップ法」という外科治療があり、中度から重度の歯周病にはこの外科治療が必要になってきます。どういう手術かといいますと、歯肉を切開して、歯槽骨から剥離し、プラークを除去して歯肉を元の位置に戻して縫合します。これらの治療方法によっても治療できないほどの重度の歯周病には、最後の手段としてインプラント治療が必要になってきます。インプラント治療は、歯周病の予防に十分力を入れている歯科医院でも行うのがやはりいいようです。インプラント治療を受ける場合には慎重に歯科医院を探すようにしましょう。