インプラント治療のさまざまなトラブルについて

インプラント治療のさまざまなトラブルについて

今、人気のインプラント治療。入れ歯や、ブリッジなどと比べて、しっかりと固定されているので、自分の歯のような感覚を取り戻せると、広まっているのも事実ですが、その一方で、さまざまなトラブルも後を絶たないというのもまぎれもない事実です。

 

 

 

ある歯科医院でインプラント治療をして、その後、激しい痛みに襲われ、別の大学病院に通い、適切手術も行い、再治療を受けているという患者さんもたくさんいるようです。実際、インプラントの再治療を求める患者は去年よりも今年は2倍以上増えているとか。

 

 

 

歯科医師の中には、適切なインプラントの入れ方をしていない人もたくさんいますし、その歯科医師の能力、実力以上の、難しい症例を手がけてしまって、トラブルを起こすこともあるようです。インプラント治療は、専門性が高く、幅広い知識や高度な技術が求められるのに対して、特別な資格は必要なく、歯科医師なら誰でも行えるらしいのです。これは患者の立場から見れば、高額な料金をはたいて治療を受けるのに、恐ろしいことですよね。有能な歯科医師かどうかの判断も素人には難しいところですし。製造メーカーの主催の講習会に何度か参加して学んで、インプラント治療を始める歯科医師もたくさんいるらしいですね。大学で教わってこなかった内容なので、このインプラント治療は。なので、これから歯科医師になろうという若い世代にはこのインプラント治療の基本から体系的に教えなければならないという動きが出ているそうです。

 

 

 

またインプラント治療のさまざまなトラブルの背景には、歯科医院の経営の大変さがあるようです。駅前などの人の集まるところならまだいいですが、そうでないところは患者さんが年々減ってきているという現状があるようです。そんな中、このインプラント治療は、保険診療ではなく、自由に料金を決めることができる自由診療なので、経営不振に悩んでいる歯科医院にとっては、まさしくありがたい救世主なわけです。収入を増やせる絶好の機会なので、経営を優先するあまり、十分な技術を身につけていない、能力や実力がともなわないのにもかかわらず、ついこのインプラント治療を始めてしまうという医師がたくさんいるということも、トラブルの原因の大きなひとつなのでしょう。
ですので、インプラント治療を受けるのでしたら、歯科医師のインプラント治療に対する経験や実績などについて、しっかりと調べてから治療を受けることが大切ですね。