インプラント治療の事故

インプラント治療の事故

インプラント治療をする際に、当然治療が成功してほしいと思うわけですが歯科院によって成功率は違います。最近は治療を失敗し、問題になるケースが増え続けています。この治療法は高度な技術がいるものですから、お気軽に受けると大変なことになります。

 

その歯科院の設備や、技術のある歯科医がいるのか事前に調べてから治療を受けましょう。今回はよくある治療の失敗例をみて、どうしたら治療を失敗しないか、どうやって医師を選んでいったらいいのかを決めましょう。
 

 

昔はインプラント治療といえば技術と設備のある数少ない歯科院でしか受けられませんでしたが、最近はこういった治療をする歯科院が多くできてきました。

 

メディアにもよく取り上げられ、一般の人もインプラント治療がどういったものか概要だけは知っている人も増えましたね。しかし流行ったからといって流されて治療を受けると痛い目をみます。

 

例えば数年前インプラント手術をしている際、ドリルで骨を削りすぎて動脈まで達してしまい、それでも止血しながら治療を続けて患者は死亡したという事故が起きました。

 

当然この歯科医は過失致死になりましたが、こういった恐ろしい事故が実際に起こっているのです。他にも手術の際に使う器具を口内に残したまま手術を終えるなど様々な事故が起きています。

 

インプラント治療だけに限りませんが、新しい治療、施術は導入されてから広まるまでの過程で様々な問題がおきます。つまり新しい治療法を受けるときには注意が必要なのです。次のレビューで事故の原因を探っていきましょう。