一回法と二回法

一回法と二回法

インプラント治療の手術を具体的に解説していきましょう。
治療方法には一回法と二回法と呼ばれるものがあります。
今は二回法がよく使われていて、この他短い時間ですませる方法や、インプラントを長いあいだもたせるための治療など様々です。

 

自分自身の歯並びや、歯周病の進行度などでどんな治療法にするのか決めるのですが、各治療にはいい点、悪い点がありますので医師とよく相談しましょう。
 

 

二回法は口内の肉を切る手術を二度に分けてするのでこういいます。
大抵の歯科院で手術を受ければこの方法でインプラント治療をすることになるでしょう。
肉をきって、ドリルで削りインプラントをいれてインプラントと歯がくっつくまで半年近く待ちます。
このインプラントがきちんと固定されているのを確認した後で、歯茎のなかに埋もれていたインプラントは肉をきって少しだして、他の結合する歯の土台をその上にのせます。そして人工的に作った歯をその上にのせてくっつけて終了です。

 

一回法は名前の通り手術を一度で終わらせます。一度に人工歯の二つの土台を手術で取り付けます。しかしこの二つの土台が最初からひとつにくっついているものもあります。さらに短い時間で終わらせるために、一度の手術でこの土台の上に人工歯をのせるところまでやる方法もあります。
二回法の場合二度も手術をしなければいけないのですが、土台が完全にくっつき固定化されていくので、多くの人に使うことができる方法です。一回法のほうが楽に見えますが骨の強度が低い人にはこの方法を使えません。