インプラントと歯肉再生

インプラントと歯肉再生

インプラントをしてもらいに医院にいくときに歯肉を再生する治療をされる事がおおいです。これは何故かというと、インプラント治療に歯肉、歯茎が絶対に必要だからです。そして歯の根本にある骨も必要です。

 

この二つがかけている場合再生治療をまずして、インプラント治療ができる環境を整えます。歯茎にも固い部分と柔らかい部分があり、前者はインプラント治療にとても大事なのです。

 

歯の並びが悪いとブラッシングもしにくいですしよ 、知覚過敏の可能性もあがります。インプラントが安定して長くもつには上記のものが必要ですから、歯科医とく相談してください。
 

 

インプラントの治療を受けると、人工の歯ですので歯周病などの病気から解放されると考える人も多いです。しかし残念ながらこの人工歯にも歯周病は存在します。
歯と肉の間にバイ菌が入り込み、腫れた状態が歯周病です。

 

これがどんどん進んでいくと、肉や骨、歯をとかし歯が抜けてしまう可能性もあるのです。
インプラントの歯でもこのようなことがあるので、きちんと歯科医や家でメンテナンスを行ってください。
こういった事を怠らなければいくつになっても綺麗な歯を維持することができるでしょう。

 

インプラントの治療を成功させ、インプラントを安定させるためには土台を取り付ける歯や骨などがしっかりとしていなければいけません。
そしてその回りを守る歯肉、歯茎もしっかりとしていなければインプラントの手術ができません。
ということは当然歯肉再生のうまい歯科医のほうがいいということになります。