治療後の安全性と寿命

治療後の安全性と寿命

インプラント手術の成功したあとの安全性。

 

 

 

現在歯科用で使われているインプラントは純チタン合金と呼ばれているものを
使っており、このチタンは無害であり、また発がん性もなく、多分一番
心配されているだろう腐食。

 

 

 

これもしませんし、またアレルギーを持っている人でも
組織との親和性がほかのと違い高いので、アレルギー反応を起こす可能性も
極めて低いといえるでしょう。

 

 

 

では、どのようにしてインプラントの寿命などを縮めてしまうのかと言いますと
それは、経済定期な理由で本来は最低2本入れなければならないのに、1本しか
入れられなかった場合。これは過剰な応力が集中してしまい、インプラントの寿命が
短くなってしまいます。

 

池袋 歯医者

 

また、全体的な噛み合わせが悪いと、歯ぎしりなどを
おこしたりするので、これもインプラントの寿命を縮めます。
後は、インプラントのサイズミスがあるでしょう。

 

 

 

本来、インプラントは長い期間保つことができますが、上記の理由で
インプラントの寿命を縮めてしまう恐れがありますので、医師にしっかりと
相談などをしたほうがいいと思います。