手術の安全性

手術の安全性

インプラント治療の安全性としましては、手術自体は局所麻酔と点滴麻酔と
いうものを使うので、基本痛みは感じなく受けることができるでしょう。

 

 

 

では、そのあとの術後としましては、個人差があり痛くないって言う人もいれば
ちょっと痛いという方もありますが、だいたい数日でその痛みは収まって
くるでしょう。基本は入院をする必要がないので、次の火が仕事でも安心ですね。

 

 

 

しかし、手術はやはりリスクもつきものであり、やはりなかにはミスもあります。
その原因としては、技術のない先生が行なったり、骨の状態が硬すぎたり、柔かすぎたりした
ためなど色々な理由があります。

 

 

 

もし、インプラント治療をミスしてしまうと
炎症をお越してしまい、痛みが出てきたり細菌がそこに溜まったりする恐れが
あります。

 

はらだ歯科クリニック

 

手術ですので、多少のリスクはつきものといいますが、そのリスクを
なくす・少なくするためにはやはり技術のある信頼できる先生に頼むのがいいでしょう。
腕のない先生に頼むと、リスクだけがのっかってきますからね。