妊娠中の時はどうすればいいか

妊娠中の時はどうすればいいか

インプラントを妊娠中にやっておきたいという人もいるかもしれませんね。
インプラントの治療は、埋め込み・2次手術・型取りなど様々なステップがあります。
 

 

埋め込み手術と妊娠の時期はとても考慮が必要になってきます。
とくに妊娠初期の方は精神状態が不安定になっていることが多いので、
緊張や、痛みの恐怖から治療に対する不快症状が出てきてしまい、流産の
リスクを高める心配があるため、この時期は行わない方がいいでしょう。

 

本厚木歯科クリニック

 

妊娠安定期に入りますと、よほどの大型手術じゃない限り(骨移植など)
大丈夫ですので、手術を行うことができます。

 

 

 

そして、妊娠後期に入りますと、この時期になりますと全ての血液の20%が
子宮に集中するため、緊張などから貧血を起こしたりします。

 

 

 

最悪の場合
早産のリスクを高めるため、この時期にインプラントの治療は行うことは
ないでしょう。麻酔なども使うことになるので、妊婦に対しての配慮は
しっかりしてくれるところはしてくれると思います。

 

 

 

妊娠中にインプラント治療はするなとは言いませんが、しないほうが賢明
かもしれませんね。