歯茎の病気をもっている人は?

歯茎の病気をもっている人は?

歯茎の病気には、歯槽膿漏、歯周病がありますよね。この病気は、日本人が歯を失う病気の代表的ものと言われています。この状況でインプラント手術が本当にできるのか、問題はおこらないのかと気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

歯槽膿漏、歯周病の方はインプラント手術を受けれないのではないかって?!いいえ、そんなことはありません。ただ、歯槽膿漏、歯周病をおもちの方は、対策を立てて治療までの準備期間が必要になるということです。歯槽膿漏、歯周病の進行状況により、治療方法もかわりますので、医師とよく相談し、自分の状況を伝えることが何よりも大切です。

 

 

 

また、歯槽膿漏、歯周病の治療に力をいれている病院を選ぶのもポイントの一つのようですね。もしそのような病気をおもちの方は、まずそれらを治療することからはじめなくてはいけません。

 

 

 

そして、正しい歯磨き習慣を学んで、お口の衛生環境を維持できるようになることも大事ですよ。
治療を重ね、歯槽膿漏、歯周病をコントロールできるようになったら、いよいよインプラント手術が可能になります。

 

八王子で信頼のおける歯医者をお探しならオハナ矯正歯科クリニック

 

歯槽膿漏、歯周病が進行したなか治療をしっかりせずにインプラント手術を行うと、歯茎自体が弱いので、歯のぐらつきや、かみ合わせの悪さなどで、思ったような治療の効果を得ることができないこともありますので注意が必要です。もちろん、治療をしたからといってリスクはゼロとは言い切れませんが、時間に余裕をもって、できるだけリスクを取り除いてからインプラント手術を受けたいものですね。